運動の回数と負荷量:RM法

皆様お疲れ様です!
痩身特化型パーソナルトレーニングジムChaseの難波です!

今日のテーマは

【運動の回数と負荷量:RM法】

 

方法は3つあります。

・ストレート法
・RM法
・ピラミッド法

今回はジムに行かれる方にオススメ

RM法(Repetition Maximum)

を説明させていただきます!

1RMは自分が1回だけ持ち上げたりできる重量のことです。

50kgの重さを1回だけ持ち上げれる場合は1RM(100%の重さ)です。

RM法は自分がMAXで1回持ち上げたりできる重さ(100%)から目的に合わせて負荷量や回数を決める方法です。

 

1〜3RM 筋力、神経伝達
4〜7RM 筋力、筋肥大
8〜12RM(70〜80%) 筋肥大
12回以上(70%以下) 筋持久力

 

1RMが50kgの人が筋肥大したいなと思ったら、50kgの70%を目安とするので35kgとなります。

これは効率的に良い重量と回数で、1RMでも筋肥大はします。

 

トレーニングするときの参考にしてみてください(^ ^)

ではでは皆様、また明日〜(^ ^)

                                            

GET IN TOUCH...

To arrange a consultation or workshop, send us a message.

関連記事

  1. 便秘の女性
  2. 水
  3. 水溶性食物繊維

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP